読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本に記載された事と『宇宙の法則』

今年はまだブログを更新していなかった私ですが、昨年度も色々有りました…。 その中で一番…衝撃的な事であり…一生…忘れられない事と成ったのが…私の事が出版された本に取り上げられた事です。 その本の名とは『現代のカリスマ桜井誠』著者名が『瀬戸弘幸』さ…

成田警察署へ提出した時の『刑事告訴』の文書(全文掲載)

高次脳機能障害とは・言葉・思考・記憶・行為・学習・注意・などの損失状態を呼びます。コレまで何度となく心理テストを受けてきた結果のなかで例えば、知能指数62動作性50言語性78たる中度知的障害者に該当する数値だと千葉リハビリテーション(千葉県では一…

第3回目の交通事故(やはり千葉県は成田市)

毎日の生活圏の中で電動自転車は欠かせない私の重要な『足』なのは過去に記事にも記載してあるが、やはり…先人達の語源・由来は確かだった『二度有る事は三度有る!!』日頃、頻繁に通っている成田市の大動脈である国道51号を電動自転車で成田市役所に向かう…

第2回目の交通事故(再び千葉県は成田市)

七年前(平成21年・2009年)に成田市で徒歩で自転車を押しながら坂道を歩いていた時に、前方不注意・脇見運転の車に正面衝突を喫し、文字通り死線をさ迷い意識不明の重体のまま、救急車で日赤病院に運ばれた私ではあったが(過去の記事に記載されている通り) 元…

高次脳機能障害者と『婚活』②

婚活パーティーに何ら戦果が挙がらない私は今度は『結婚相談所』を着目をした。 インターネットで検索をしていると多種多様の結婚相談所がヒットし、その中で『ノッツエ』という結婚相談所(大手)を閲覧していると『自身のプロフィール』を入れる欄が出て来た…

高次脳機能障害者と『婚活』①

一括で支払い購入した分譲マンションの自宅内部は『和とoldAmerican』基調として綿密に作り上げ、独り暮らしが始まり、週三回の介護ヘルパーに来てもらいながら、法律事務所と裁判所を行き来する日々を送っていたのだが…漠然と己の将来の不安感に陥った『こ…

我が国日本の障害者虐待防止法や人権侵害は実は見せ掛けだった。

法務省や佐倉法務局など千葉県庁など人権課や話こそ聞いてはくれるが、私みたいに障害者の自賠責保険金を散々に渡って摂取・着服され『自賠責保険金の30%を寄越せ!!』までと恫喝までされ、最終的に任意保険金狙いから都内に『悪意の有る遺棄』されたにも…

高次脳機能障害者を全く理解してくれない人々との別れ(親戚編)

前回の記事では士族の私の婆ちゃんが逝去されて何ら私には訃報の御知らせも伝えられないまま…告別式にすら呼ばれなかった私だったのだが…実弟の高野卓の嫁さんから『高野よし婆ちゃんの亡くなった正確な日』と『告別式の日』を始めはLINEから知らせてく…

高次脳機能障害者を全く理解してくれない人々との別れ(親父編)

私の実家である杉並区の阿佐ヶ谷に住む実父の高野義宗は『清水先生(弁護士)』から引き継いだ二回目の補佐人ではあったが…私の財産を守るどころか私の弟が『仕事で困っているから降りた保険金から100万円ぐらいあげろよ!!』など果てしない繰り返しだけであ…

私の鑑定書(平成24年1月25日)

補佐人の弁護士を雇い入れるにあたって佐倉裁判所に『鑑定書』を提出して下さいませ。と指示をされて私は千葉リハビリテーションから日赤病院に管轄が移行していたので、私は日赤病院の精神科の佐藤先生に相談をし様々の入念な検査を受け『鑑定書』の書類を…

貸した金は返金せよ!!⑦古梅弁護士の嘘だらけの答弁書と東京高等裁判所の不当判決!!

千葉市中央区本千葉1ー1 日土地千葉市中央ビル9階 県民合同法律会計事務所(送達場所) 電話番号0432249622 私が交通事故にて患ってしまった病である『高次脳機能障害』と『同名半盲』を相変わらず意図的に文書には一切記載しないという矛盾点だらけの嘘を…

貸した金は返金せよ!!⑥佐倉裁判所の不当なる判決!!

小倉義生に高野直子たるバリバリの『人権侵害』『障害者虐待防止法』たる極悪人の詐欺師の所業に加担した古梅弁護士の全ての全てが虚偽を物の見事にに丸め込まれてしまい、事の真偽や真実・真相を全く見抜けなかった無能さを如実に物語っている佐倉裁判所の…

貸した金は返金せよ!!⑤

前回の記事では佐倉裁判所に『小倉義生』が提出した嘘八百デタラメだらけの『陳述書』の全文を掲載したが、この極悪人の詐欺師に加担した大嘘を並べるのが仕事の障害者の敵である『古梅弁護士』一派は何とかしてでも虚偽を作り出し、それを真実として認めて…

貸した金は返金せよ!!④

前回の記事では小倉義生が雇った『古梅弁護士』が佐倉裁判所へ提出した答弁書の全文を掲載したが、それと同時に『小倉義生』が佐倉裁判所に提出した『陳述書』の全文も記載致そう(悪意の有る遺棄では無かった事や100万円たる大金は私から借りておりませんよ…

貸した金は返金せよ!!③

元補佐人の清水先生(弁護士)に依頼をし佐倉裁判所に『200万円』の貸金返還に慰謝料の請求の訴訟を発動し、当の本人の『小倉義生』は相当慌てふためいた様で相当焦ったのか案の定、代理人の弁護士を雇い入れました(これまで・・・小倉義生は債権者の申立から…

貸した金は返金せよ!!②

障害者の自賠責保険金を食い物にし都内に悪意の有る遺棄までしときながら貸した金すら速やかに返さない『小倉義生』に対して『裁判所が認めたら金は返す』と息巻いていた小倉義生へ私は訴訟する事の決意を固め事情を認識していた元補佐人の弁護士の『清水先…

貸した金は返金せよ!!①

私に自賠責保険第②級が降りた途端に妻の高野直子により毎日・毎日…朝昼晩…私に向かって『家に無利息・無担保で纏まったお金を貸して上げて!!そうすれば債権者の取り立てが無くなるから!!』と四六時中絶えず言われ続けて…満足な判断能力の無い私はアッサ…

離婚調停と『高野直子』との離婚が決定!!

先の佐倉法務局の指示通りに私は成田警察署に電話を入れて相談をした『判断能力の無い僕から散々に渡って僕の自賠責保険金を摂取され続け、勝手に預金通帳やキャッシュカードから金を降ろされ続け、経済的虐待をされ障害者を拒絶したり侮辱する言葉や態度を…

高次脳機能障害者の独り暮らしの始まりと介護ヘルパーの到来。

小倉親子から・・・何とかして取り戻した私の荷物が引越し屋により搬入はされては来たが・・・私が、これまで購入してきた『家具や電化製品』が何一つ送られて来ない由々しき事態に即気付く!! 特に『冷蔵庫!!』暮らして行く上で・・・冷蔵庫が無い生活は…

悪意の有る遺棄④預金通帳と実印を早急に取り戻せ!!

様々な行政機関(特に佐倉法務局・法務省)などの人々の的確なる進言や助言により、妻の高野直子を含む小倉親子の真の狙いとは『これから高野憲一さんに降りるで在ろう莫大な任意保険金からの財産分与ですので、とてもでは御座いませんが・・・高次脳機能障害…

悪意の有る遺棄③死ぬか生きるか・・・

成田市の高い建物(主にマンション)を徹底的かつ念入りに拝見・偵察をして吟味をし『飛び降り自殺先』を抜かり無い様に改めて定めた私はアパホテルにその晩は1泊して部屋を出てアパホテルのロビーにて『最後の電話』を入れた・・・。 電話先は『成田市役所障…

悪意の有る遺棄②自殺を覚悟した高野憲一

当時の私は一人ではカップラーメンすらも作れなく『爪すら一人では切れない』たる介助が必要な身の人間が都内に放り捨てられ『遺棄』された訳だが・・・ひとまずは浅草の島津陽介宅に保護して頂き3日間は寝泊まりをさせて貰った。 この3日間の間に小倉親子…

悪意の有る遺棄①『魔の計画の発動』

忘れもしない『平成23年2011年5月』 先ずは私の実家である杉並区は阿佐ヶ谷の親父(実父)から私のもとに電話が掛かってきた(親父から電話が来るのは決して珍しくは無い) その親父の話の内容を聞いてみると『たまには俺(父)と卓(弟)と憲(私)の親子3人だけで…

私の自賠責保険『3000万円』に群がる亡者共。

自賠責保険第②級①号の『3000万円』が降りた事は前回の記事を挙げた前述の通りだが、先ず私が動いたのは若い時に仕事などの失敗により作ってしまった過去への精算からの『借金の返済』だった・・・。 ①カードローンが50万円(この借金の原因とは・・・何かとお…

症状固定と自賠責保険第②級①号が認定された。

千葉リハビリテーションの通院並びにリハビリ通いが一年間が経過し・・・診察日に主治医の脳外科の和田先生に何かと生活が苦しい旨を相談をした『これから降りる筈であろう任意保険金を盾に加害者の保険会社に顧問弁護士の合間先生が生活費の前借り交渉をし…

精神障害者手帳と身体障害者手帳の交付とグループ訓練の変化。

私は『高次脳機能障害』に『同名半盲』と下された以上『障害者手帳』を交付してもらう事を思い付き、成田市役所の障害者福祉課に相談したところ、かかりつけの医師達の診断書が必要ですと告げられたので早速、千葉リハビリテーションの脳外科の主治医や精神…

高次脳機能障害・同名半盲の私の自宅療養。

既に挙げている過去の記事の中の文面で『妻や妻の両親並びに義弟』達、即ち『小倉家』は交通事故により私の患ってしまった病である『高次脳機能障害』と『同名半盲』を全く理解してくれなかったと、それとなく触れたが私の様に悲劇な第二・第三の人間を生み…

グループ訓練たる『脳のリハビリ』と自宅療養の始まり。

前記事で書き記した様に千葉リハビリテーションでの週一の『脳のリハビリ』が始まった。 私は脳のリハビリとは・・・個室でマンツーマン指導でやるものだとてっきり思っていたのだが・・・前記事で名を挙げた『大塚さん』(心理発達科の副部長)と我々夫婦と話…

千葉リハビリテーションでの入院生活と徹底的な心理テストと『同名半盲』

千葉リハビリテーションに入院し毎日、心理テストを五月雨式・徹底的に受けた私『高野憲一』 種類が多種多様・・・有り過ぎて毎日違う内容のテストを受けるので記憶が欠落している部分も有るのだが、覚えている範囲内で書き記してゆこう。 内容は様々で、と…

神々しい臨死体験と奇跡の生還!!

耳や鼻から大量の血を流して意識不明の重体の昏睡状態で成田ニュータウンの日本赤十字病院に運ばれ死線をさ迷った私だが、この意識不明の重体の最中『神々しい臨死体験』を致した。 臨死体験とは人によっては『三途の川を見たり』『綺麗なお花畑を見たり』『…

私(高野憲一)が高次脳機能障害と同名半盲に成った原因・要因

皇紀2669年(2009年)平成21年4月19日(日)・・・忘れもしない・・・私(高野憲一)が健常者から一瞬にして急転直下し『高次脳機能障害』と『同名半盲』たる『障害者』に急転降下したという・・・ある日、突然・・・降って湧いた様に障害者に成ってしまった…